基礎化粧品を代えるには勇気がいるもの

 

DUOクレンジングバームを販売しています、プレミアアンチエイジング株式会社の方と、
お話しする機会がありました。

 

お話をしていく中で、
「DUOクレンジングバームは、30代40代で使い始める方がとっても多い」
というお話をうかがいました。

 

同世代の私ととしては、とっても興味深く思いました。
女性って、基礎化粧品はなかなか代えないものです。
代えすぎるのもあまりお肌に良くないということもありますが、
長年馴れ親しんだ基礎化粧品を代えるということは、
かなり勇気がいることです。

 

それにも関わらず30代40代になると、これまで愛用していたクレンジングを思い切ってやめて、
DUOクレンジングバームに代える方が多いのはなぜなのでしょう?

若いころのお肌とは違う

 

私は現在40歳です。

 

30代半ばの頃、急に「お肌の変化」を感じました。
それは突然やってきました。

 

その頃はまだ子供が幼く、子育てに追われる毎日でした。
鏡を見る暇もないほど忙しく、お肌のお手入れも手抜きだったと思います。
それでも目立ったお肌のトラブルはあまり感じたことはありませんでした。

 

そんなある日、あきらかに「お肌がいつもと違う・・・」という実感がありました。
お肌はカサカサでうるおいがなくなり、今までなかった小じわも増えていました。
今までお手入れをさぼったバチが当たったのかな?と
あわててパックをしてみたりしましたが、お肌の状態は一向に良くなりませんでした。

 

若いころは、肌荒れしてもパックをしたり特別なケアをすればすぐに
キメの整ったうるおいのあるお肌に戻ったのですが、
30過ぎた私のお肌は、慌てて取り繕ってもダメでした。

 

30代半ばを過ぎると、女性は明らかにお肌の老化が一気に進行します。
それには「女性ホルモン」が関係しています。

 

 

若いころのケアと同じではダメ!

 

女性は30代半ばから、「女性ホルモン」の分泌が急激に減少していきます。

 

「女性ホルモン」(エストロゲン)は、肌老化を進行させる活性酸素をやっつけたり、
お肌のうるおい成分であるコラーゲンを維持する働きがあります。
美肌を作るもとと言ってもいいと思います。

 

若いころ何もしなくてもお肌がキレイというのは、この「女性ホルモン」(エストロゲン)のおかげ。

 

ですので、エストロゲンの分泌が減少してきた30代になったら、
若いころのお肌のケアだけでは、到底不十分ということになってしまうのです。

 

そんなお肌の変化を感じた、30代40代の女性たちが、まず見直すのが「クレンジング」なのだそうです。
クレンジングという行為は、少なからずお肌に負担をかけてしまうものなので、クレンジング選びはとっても大切。
もし、お肌に刺激が強く、負担が大きいクレンジングを使い続けていれば、
お肌はさらに「老化」が加速していってしまいます。

 

「DUOクレンジングバーム」が30代40代の女性に選ばれているのには、
汚れをきちんと落としながらも、お肌にやさしい、お肌が乾燥せずにうるおいはちゃんと残す、
という理由があるからなのです。