開発のきっかけは一人の女性でした

 

DUOブランドの開発者の方は、DUOディレクターで美容家の
咲丘恵美さんです。

 

咲丘さんは、ファッション誌で読者モデルなどをされていたという、
経歴の持ち主です。
公式サイトにて、お顔を拝見できますが、とっても綺麗な方です。

 

この咲丘さんが、なぜDUOブランドを開発したに至ったんでしょうか。
DUOの開発秘話について、ご紹介していきます。

 

 

スキンケアの落とし穴

 

咲丘さんは、敏感肌の体質だったそうです。
ですので、スキンケアにはかなり気を使っていたのだそうです。

 

そこでどんなスキンケアをしていたのかといいますと・・・
・評判のいい最新コスメを全部試す
・7,8種類の化粧品を重ね付け

 

 

というお肌にとってかなり贅沢なスキンケアをしていたのだそうです。
ここまで徹底的にスキンケアをしていれば、
お肌は素晴らしく美しくなるのだろうと期待しちゃいますよね!

 

ですが、実際に咲丘さんは、これらのスキンケアには全く効果が
なかったのだそうです。
それどころか、咲丘さんのお肌はトラブルだらけになってしまったそうなんです。
そこで咲丘さんは、他にも新たな化粧品を使い、皮膚科、エステと
お肌にとってあらゆることをしたのだそうです。
しかしお肌は全くよくなることはなかったそうです。

 

過剰なスキンケアは、お肌とっていいとは限らないようです。

 

ここにスキンケアの落とし穴があったのです。

 

化粧品の中には、お肌のための成分はもちろん入っていますが、
化粧品の品質を保ったり、使用感を良くするために、
安定剤、防腐剤、界面活性剤なども使われているのです。

 

ですので、化粧品の重ね付けすることで、お肌にトラブルが発生してしまったのです。

 

 

 

 

 

 

ぬることより落とすことへ

 

化粧品を重ね付けすることで、お肌のトラブルを引き起こしてしまった経験から、
咲丘さんは、

 

・スキンケアのステップはなるべく少なく
・お肌への負担のある成分をできる限りカット

 

するという、理想の化粧品を作ることを決めたのです。

 

そこでたどり着いたのが、クレンジング作りでした。
クレンジングは、スキンケアの中でも最もお肌に負担が大きいステップだからです。

 

咲丘さんは、きちんとメイクや皮脂を落とすことが美肌への必須条件と考えました。
また、肌に負担を最大限かけないことにこだわり続けました。

 

試行錯誤の上、生まれたのがDUOザクレンジングバームなのです。

 

咲丘さんのトラブル肌も、自ら開発したDUOで、透明感あふれるお肌へと
生まれ変わったのです。