クレンジングってお肌に悪いの?

 

毎日メイクをするという方や日焼け止めが欠かせないという方は、
入浴中や就寝前には、必ずクレンジングしますよね。

 

でも、クレンジングって何となくお肌に負担がかかってしまう
イメージがありませんか?

 

クレンジングって本当にお肌に負担がかかるものなのでしょうか?

 

ここでは、クレンジングのお肌への負担について、
ご説明していきます。

 

クレンジングに含まれる界面活性剤

 

クレンジングには、多かれ少なかれ「界面活性剤」が入っています。
お肌への負担は、この「界面活性剤」が関係しています。

 

「界面活性剤」とは、なんでしょう?
油であるメイクと汚れを洗い流すための水を
なじませてくれる働きをもって7いるのです。

 

メイクをしているときに、水で洗顔してもメイクはおちませんね。
これはメイクの油分と水がなじまないからです。

 

メイクと水をなじませて、メイクをキレイに洗い流すためには、
界面活性剤は必要なんですね。

 

この界面活性剤が少なからずお肌に負担をかけてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

お肌にやさしいクレンジングはこう選ぶ!

 

クレンジングに界面活性剤は、多かれ少なかれ入っています。
界面活性剤がなければ、メイクを水で洗い流すことはできないからです。

 

ですので、お肌に負担の少ないクレンジングを選ぶことが大切なんですね。

 

クレンジングを選ぶときに、まず気を付けたいのは、
界面活性剤の質と量です。

 

メイク落ちがすごくいい!
濃いメイクもサッと落ちる!
とにかく安い!

 

というクレンジングは便利ですが、
界面活性剤の量が多く入っていることが予想できます。
また、あまりにも安い価格のものは、界面活性剤の質が不安です。

 

濃いアイメイクやウォータープルーフの口紅を使っているという方は、
専用のリムーバーを使うことをおすすめします。

 

また、ふき取りようのメイク落としは、水で洗い流さないので、
お肌への負担が大きいかと思われます。
また、ふき取るときのお肌への刺激も気になりますね。

 

比較的界面活性剤が少ないクレンジングは、
ジェルで乳白色の乳化タイプのもの、
ミルクタイプのものが少ないといわれています。

 

このことからしてもDUOザクレンジングバームは、お肌に負担の少なく
安心して使うことのできるやさしいクレンジングなのです。