MENU

古い角質を取るのに効果的な「ピーリング」

 

クレンジングバームには、古い角質を除去してくれる効果もあります。
クレンジングバームには特殊なカプセルが入っています。
このカプセルの中の洗浄成分とカプセルが、ソフトスクラブ効果を発揮します。
毛穴の大きさよりもかなり小さい微粒子で、お肌を傷つけることなく、
古い角質を取り除くことができるのです。

 

古い角質を取り除くためには、「ピーリング」をする方も多いようです。
実は私も、クレンジングバームに出会う前は、「ピーリング剤」を使って、
古い角質を取り除いていました。

 

「ピーリング」をすると、古い角質がポロポロと落ちてきて、洗顔後は
お肌がツルツルになります。化粧水の入りも良くなる気がします。
古くなった角質がハッキリと取れることが目に見えてわかるので、
面白くなって頻繁に使っていました。

 

ですが、この「ピーリング」を使うには、注意が必要だったのです。
今回は、ピーリングの注意点についてご紹介していきます。

ピーリングは使う頻度に注意!

 

私が以前、クレンジングバームに出会う前に「ピーリング」を行っていました。
クレンジングバームに出会ってからは、ピーリングの必要がないので一切使っていません。

 

ピーリングを使っていたときは、
「なんだかお肌がごわついてきた」と感じた時に使っていました。
その他にも、お肌のくずみが気になる時などに使うと効果的です。

 

ピーリングはとろみのある液体で、顔につけて手でお肌を優しくこすると、
古い角質がポロポロと取れてきます。
洗い流すと、お肌はハッキリとツルツルになります。
とても簡単に、古い角質が取れて、お肌のツルツルが実感できるので、
頻繁に使う方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、頻繁に使うのはお肌にとってはいいことではありません。
実は角質層の厚みは、ラップ1枚ほどしかないのです。
数値で表すと、0,02mmと非常に薄いんです。
ですので、頻繁にピーリングを繰り返してしまうと、さらにお肌が薄くなってしまいます。

 

角質層には、外側からの刺激からお肌を守ったり、
お肌の水分を守るという大切な働きがあります。
ピーリングを頻繁に繰り返すことで、
この角質層のバリア機能が失われてしまう可能性もあります。
バリア機能が失われてしまいますと、乾燥肌になってしまったり、
ひどい場合は、アレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

 

 

「ピーリング」を行うという場合は、一週間か2週間に一度にしておきたいものです。

 

 

 

 

 

 

角質の表面を溶かしている・・・

 

ピーリングがどのようにして、古い角質を取っているのでしょう。
ピーリングには、「サリチル酸」という酸性の薬剤が入っています。
その「サリチル酸」を顔にぬることで、角質の表面を溶かしているのだそうです。

 

それであんなにも簡単に角質がポロポロと取れてくるのですね。

 

確かに簡単で便利ですが、薬剤で角質を溶かすって、
ちょっと不安もありませんか?
私はこの事実を知ったとき、ちょっと怖さを感じました。

 

ですが、
ピーリングは怖いけれど、古い角質は取りたい!

 

そんな方にはやはり、「DUOザクレンジングバーム」がおすすめです。
お肌にやさしく、メイクを落としながら古い角質も落としてくれます。
薬剤を使って溶かしているわけではないので、毎日安心して使っています。