MENU

肌荒れをおこさないために

 

肌荒れ対策は、実は一年中気を使わなければいけないと、
私は考えています。

 

春や秋は空気が乾燥していますので、肌も乾燥してしまいます。
花粉もお肌にダメージをあたえます。
冬は冷たい風にお肌がさらされたかと思えば、
室内に入れば暖房にお肌がさらされます。
夏はもちろん紫外線。
しかも紫外線は曇りの日でも冬でも気を付けなければいけない
ということがわかってきています。

 

お肌の荒れ対策は、気を抜いていい時期はありませんよね。
ですが肌荒れ対策を毎日続けるとなると、なかなか難しくなってきます。
特に手間がかかる、面倒なケアだと続けにくくなってきます。

 

そこで今回は、普段から簡単にできる、
毎日のお手入れに取り入れやすい肌荒れ対策について、ご紹介していきます。

 

 

肌荒れ対策のお手入れ

 

 

1.クレンジングの前にひと手間かけましょう

 

クレンジングを効果的にするために、
まずサッと顔をぬるま湯で洗い流しましょう。
その後、ティッシュなどメイクがついてもいいものを使って、
水分をおさえるようにやさしく拭き取ります。

 

クレンジングの前に簡単に洗顔することで、
お肌に付着した花粉やほこりを洗い流すことができます。
こうしておくことで、この後のクレンジングがより効果的になり、
メイクや皮脂汚れもよりしっかりと落とすことができます。

 

 

2、クレンジングを洗い流すのはぬるま湯を使いましょう

 

クレンジングした後の、洗い流す水(お湯)の温度は実はかなり大切です。
必ず皮膚の温度と同じ程度ぬるま湯で洗い流してください。

 

水で洗い流すのでは、皮脂が解けないため皮脂汚れを洗い流すことができません。
せっかくクレンジングをしても、皮脂汚れはお肌に残ってしまいます。

 

反対に、熱いお湯で洗い流すのもNGです。
お肌に刺激となり、シワの原因になってしまいます。
また、入浴の際にシャワーを顔にかけて洗い流すのもNG。
水圧もお肌への刺激となります。
肌荒れをしている場合は症状を悪化させてしまう可能性もあります。

 

 

 

2.マッサージが肌荒れ予防に効果的

 

肌荒れ予防には、マッサージが効果的です。
(予防としてですので、肌荒れがひどい時は避けてください)

 

朝と昼の気温差が激しい日や、手でお肌を触った時にお肌が冷たいと感じた時など、
お肌の血行が悪くなっています。
血行が悪くなってしまいますと、新陳代謝(新しい皮膚の生まれ変わり)が
遅くなってしまいます。
マッサージで血行促進して、新陳代謝をうながしましょう。

 

ただし、強い力や激しいマッサージはシワの原因となってしまいます。
あくまでやさしくやさしくが基本です。

 

 

 

3.たっぷり保湿でお肌のバリア機能を強化!

 

肌荒れを起こしてしまったら、水分補給と油分保湿が大事。
化粧水と乳液(またはクリーム)を、普段よりもしっかりと重ねづけして保湿しましょう。
美容成分は、セラミドが配合されているものがおすすめです。
セラミドは角質層の成分ですので、バリア機能が強くなります。
お肌の内側から水分が逃げるのを防いでくれて、また外側からの刺激からお肌を守ってくれます。
バリア機能が強くなることで、古い角質もなめらかにはがれ落ちます。
ゴワついたり、ヒリヒリしたりという不快な症状も軽減してくれます。

 

 

4.1にも2にもUV対策!

 

紫外線はお肌の老化の大敵です!
しわやシミの大きな原因は紫外線なのです。
紫外線対策をしていないのに、お肌のケアを必死でするのは、
無意味といっていいでしょう。
紫外線は、お肌の免疫細胞を消失させてしまいます。
そして、炎症反応を引き起こす原因であるといわれています。
冬や曇りの日でも気を抜かずに、日焼け止めを毎日つけましょう。