MENU

角栓は無理やり取ると危険です

鼻の角栓、気になりますよね!

 

いますぐ何とかしなきゃ!という一心で、
ドラックストアで毛穴パックを買ってきて使ってみたり、
毛抜きで抜いたり、
という方も多いのではないでしょうか?

 

毛穴パックや毛抜きを使うと、確かにスッキリきれいになります。
ですが、実はその時だけきれいになっただけなんです!

 

その方法を繰り返していくと、角質も傷つけてしまい、お肌もあれてしまいます。
毛穴もさらに広がっていってしまのです(怖)

 

ですので、強引に角栓を取っていると、
広がった毛穴が詰まってしまい、さらに角栓ができやすくなってしまうとい
悪循環に陥ってしまいます!!!

鼻の角栓とは?

 

鼻の角栓って、いったい何が原因でできるのか?

 

原因を知ることができれば、正しい予防も対策もできると思います。

 

そこで、鼻の角栓の正体を調べてみました。

 

角栓とは・・・古い角質と、洗い残した皮脂が混ざり合って、毛穴をふさいでしまったものをいいます。

 

ということは、毎日正しい洗顔ができていれば、角栓はできにくい、
ということになります。

 

正しい洗顔で角栓を防ぐ

 

特に気を付けたいのは、洗顔で使うお湯の温度です。
皮脂は32度以上のお湯で溶けます。
冷たい水で洗顔していても、皮脂は洗い流せないということです。
もちろん、洗顔おお湯は熱すぎるのはNGです。
シワの原因になってしまいますので、
人肌程度にぬるく感じるお湯で洗顔、すすぎをするのが皮脂を
残さない上手な洗顔の方法です。

 

 

角質のケアをしましょう

 

皮脂は正しい洗顔で落としますが、古くなった角質はどのように
落としたらいいのでしょうか?
その場合はやはり、角質のケアが必要になります。

 

角質のケアをするのでしたら、やはりピーリングがおすすめです。

 

ピーリング料もドラックストアなどで市販もされていますが、
なんとなくお肌に刺激が強そうで、敬遠してしまう方も多いかと思います。

 

そんな時はやはり、「DUOクレンジングバーム」がおすすめです。
極小のスクラブが入っていて、毎日やさしく角質のケアもしてくれます。

 

鼻の角栓が特に気になる時に、DUOクレンジングバームを使って、
気になる小鼻のまわりをクルクルとやさしくこするだけで、
すすいだ後に角栓が取れているのがわかります。

 

鼻の角栓でお悩みの方は、ぜひ一度使ってみていただけたらと思います。