MENU

クレンジングはしっかりと選ぶ

 

クレンジングは、人工的に作られたメイクを落としやすくするために作られました。
メイクは日々進化をしていて、非常に崩れにくくなっています。
普通の洗顔料ではしっかりと落とすことができないのです。

 

そのメイクを落とすためのものですから、クレンジングは洗浄力もある程度
はなくてはいけません。

 

弱すぎてしまうと、メイクがしっかり落とすことができず、
強すぎてしまうと、お肌を傷つけてしまいます。

 

ですので、クレンジング選びはとっても大切なんです。

 

 

クレンジングを選ぶポイント

 

価格の安すぎるものは要注意

 

クレンジングはお肌のケアの中で、もっともお肌に負担をかけてしまう行為です。
ですので、価格の低いクレンジングは避けたほうが無難でしょう。

 

安価なクレンジングに使われているのは、低価格の「ミネラルオイル(鉱油)」や
「ジメチコン(シリコーン油)」などです。

 

安全性には問題がないのですが、皮膚にヌルヌルが残りやすくなってしまいます。
そのため、ダブル洗顔は必須!洗顔料でしっかりヌルヌルを洗い流さないといけなくなってしまいます。
お肌に必要な脂分までも、洗い流してしまい、乾燥肌の原因にもなりかねません。
毎日使うものですから、品質は気を付けておきたいものです。

 

 

 

肌への摩擦が多いものはさける

 

クレンジングや洗顔で、手でお肌をこすることで摩擦が起きてしまい、
知らず知らずのうちにお肌を傷つけてしまっています。
こすればこするほど、お肌の傷つけてしまっているのです。

 

クレンジングは摩擦が少ないものを選びたいものです。
オイルクレンジングやミルククレンジングは液状タイプなので、
お肌に手の摩擦が直接かかってしまいます。

 

さらに、拭き取りクレンジングは摩擦が非常に強いので、
使用は必要なときだけにとどめておきましょう。

 

お肌に摩擦をなるべく与えないためには、ある程度のかたさが
あったほうがいいのです。

 

 

 

クレンジングの形状で選ぶ

 

クレンジングは油分と界面活性剤が主な洗浄成分です。
油分はメイクの油となじんで、落とすことができます。
クレンジングはを選ぶときには、この界面活性剤と油分のバランスが重要です。

 

 

油分が少なすぎると、その分お肌への負担が大きい界面活性剤が多くなってしまいます。
油分が多すぎると、油がヌルヌルしてしまい、それを落とすために界面活性剤が多く必要と
なってしまいます。

 

ですので、クレンジングは油分と界面活性剤が適度に含まれているものが
お肌への負担も少なく、メイク落ちも良い、ということになります。

 

形状でいうと、オイルタイプはは油分が多く、リキッドタイプは油分が少なく、
その分、界面活性剤が多く含まれてしまう可能性があります。

 

ほどよく油分を含んで、メイクになじみやすい形状は、ジェルタイプやクリームタイプ
ということになります。

 

ちなみにミルクタイプは、水分が多いのでメイクは落ちにくくなる傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DUOクレンジングバームはどうか?

 

DUOクレンジングバームは、これらのポイントをすべてクリアしている、
優秀なクレンジングといえるでしょう。

 

・W洗顔が必要ないので、お肌を摩擦する回数も減らせること
・お肌への手の摩擦を減らすクリームタイプであること
・油分と界面活性剤が適度に含まれた形状であること

 

クレンジングは毎日、直接お肌につけるものです。
慎重に選びたいですね。